資産運用・お金

ターゲットデートファンドとは?面倒くさがり屋にオススメな投資信託!IDecoでも買える!

こんにちは。ともよです。みなさんはターゲット・デート・ファンドって知っていますか?日本ではあまり知られていませんが、米国では最も買われている投資商品なんです!

ターゲット・デート・ファンド(Target Date Fund)とは?

Target Date Fund(TDF)とは、投資信託の一種です。「ターゲットイヤーファンド」や「ライフサイクルファンド」とも呼ばれています。

このファンドの特徴はあらかじめ定めた期日に現金化できるように運用しながら少しずつ安定資産に振り分けてくれるファンドです。一般的には、退職のタイミングをターゲットに設定することが多いです。

アメリカの確定拠出年金ではこのターゲットデートファンドがデフォルトの商品に設定されている理由もあって、かなり普及しているようです。

ターゲットデートファンドでは、ターゲット年(=安定運用開始年)を名前に入れています。

テーゲットデートファンドはどこで買えるの?

どこの証券会社でもだいたい買えます。iDeco(確定拠出年金)で買う場合は少し限定されますね。SBI証券ならセレブライフ・ストーリー、楽天証券なら楽天ターゲットイヤーファンドがiDeco枠で買えます。

iDeco SBI証券 

SBI証券のiDecoで買う場合はターゲット年の異なる以下の4種類があります。

  • セレブライフ・ストーリー2055 (20代向け)
  • セレブライフ・ストーリー2045 (30代向け)
  • セレブライフ・ストーリー2035 (40代向け)
  • セレブライフ・ストーリー2025 (50代向け)

信託報酬は 0.688〜0.6769%/年 です。

ターゲットイヤー2055年の商品だとスタート時は株式51%、債券24%、リート6%、コモディティ3%ですが、ターゲットイヤー到達時には、株式10%、債権71%、リート1%、コモディティ15%になります。

f:id:sakurA:20180724220342g:plain

参考:SBI証券 WEBサイト

iDeco 楽天証券

楽天証券には3種類あります。

  • 楽天ターゲットイヤー2050 (20代向け) 
  • 楽天ターゲットイヤー2040 (30代向け)
  • 楽天ターゲットイヤー2030 (40代向け)

信託報酬は 0.917〜0.927%/年 です。

ターゲットイヤー2050年の商品だとスタート時は株式75%、債券25%、ターゲットイヤー到達時には、株式15%、債権85%になります。

株式は先進国株式に主に投資する楽天グローバルマザーファンド、債権は主に先進国の国債・社債に投資する楽天世界債権(為替ヘッジ付)マザーファンドです。

f:id:sakurA:20180724222857p:plain

参考:楽天ターゲットイヤー2050目論見書

楽天ターゲットイヤーファンドの方が開始時・終了時共にセレブライフ・ストーリーよりも株式比率が高く、やや攻めた運用と言えそうですね。

 

よくあるターゲットデートファンドへの批判

定年後も資産運用すべき。定年時に全て安定資産にするのはもったいない

これは、ターゲットデートファンドの問題というよりは買う側の問題な気がします。ターゲットデートを定年の頃に設定せず、ターゲット年がもっと先のファンドに投資すれば単純にこの問題は解決するのでは?と思います。

いずれにせよ年齢に応じて安定資産の割合を増やすべきで、安定資産への移行速度が速すぎとの指摘なので、ターゲット年の遅いファンドを買う、複数ターゲット年のファンドを混ぜて買うなどの手法で回避可能です。

信託報酬が高い

これは確かに他のインデックスファンドなどと比べるとターゲットデートファンドの信託報酬は高いです。ターゲットデートファンドはまだ日本でもあまり広まっておらず、商品数も少ないかつ、ETFなどを組み合わせたファンドラップのような形態をとっており、信託手数料が高くなる傾向があります。ただし、この信託報酬の差も全体の信託報酬が下がってくる中で気にならないレベルになっていくのではと思っています。

また、ターゲットデートファンドと比較すべきは、普通の投資信託でなく、ロボアドバイザーと思っております。ロボアドバイザーの信託報酬は年約1%程度なので、ターゲットデートファンドの信託報酬は十分安いと言えるのではないでしょうか。

結局、ターゲットデートファンドは買いなのか?

結論として、ターゲットデートファンドは、超面倒くさがりな人、飽き性な人にオススメです。定期的に投資のための作業に時間を割けない人、絶対投資のリバランス等の作業を忘れる自信がある人などにはぴったりと思います。

逆に投資を楽しみたい人、マメな人にはあまりオススメできませんね。