分子料理

分子料理に使う料理道具・器具は家庭でも使えるの?

こんにちは。ともよです。レストランで出される派手な分子料理に憧れますよね〜。今回は、分子料理を家庭でも実現するために必要な器具を家庭でも導入できるか検討してみました。

液体窒素

液体窒素は一応Amazonで取り扱いありますが、正直個人で購入するのは難しそうです。価格は最小サイズでも10万円程度(5リットル)です。

管理も大変です。手にこぼした場合は凍傷になりますし、容器から漏れていた場合、酸欠になります。かといって密閉すると、常に気化している液体窒素は高圧になり、爆発します。

とにかく一般家庭で扱うのは難しく、リスクが大きすぎますのでオススメできません。

スモーク

セセラバアドさんやタパスモラキュラーバーさんでも冷燻された料理が出て来るのですが、おそらく下記のような燻製器を使っているのだと思います。価格もお手ごろ価格で7000円前後からありますね。GOURMIAはスマート料理家電なんかを出しているメーカで安心感もあります。

これは一度買ってみて試してみると良さそうです。

燻製器

スモークチップ

燻製するときに必要なチップです。こちらはAmazonでベストセラー1位になりました。

エスプーマ

エスプーマとはN2O等の気体を使って、あらゆる食材をムース状に仕上げる画期的な調理法もしくは調理器具のこと。

エスプーマ(器具)は、通常ガスボンベに接続して使うスタイルと小型カートリッジをつけて使うスタイルのものがあります。

家庭で使うなら、ガスボンベは高価(5万円以上)になりますし保管・管理も大変なので、小型カートリッジ一択でしょう。

エスプーマに使う気体はN2Oが有名ですが、CO2も使われる場合があります。N2Oは笑気ガスとも呼ばれ、指定薬物にも認定されており、気軽に小型カートリッジで個人が買える代物ではなくなりました。

この度、一酸化二窒素を指定薬物に指定する省令が公布されました。 ( 会社経営 ) – 高圧ガス販売店の品格 – Yahoo!ブログ

少し味が酸っぱくなってしまいますが家庭ではCO2を利用するしかなさそうです。CO2であれば、比較的安価で手軽に入手できます。国内では日本炭酸瓦斯さんが販売されているものが良いでしょう。

エスプーマ(CO2用)

CO2カートリッジ

まとめ

分子料理の作成に使えそうな比較的安価な調理器具を紹介しました。燻製用のスモークマシンあたりが家庭で楽しむのに一番オススメです。