不動産投資

マイホームは買わないと損か?家を買わずに同等の利益を得る方法

ともよです。就職して数年経つとマンション・一戸建ての購入を検討する人が周囲に増えてくると思います。その中でマンション・家を持つこと自体にリスクを感じてしまっている人も多いと思います。今回は持ち家購入を躊躇している人が購入しなくても購入した人と同じ利益を享受する方法についてご紹介します。

持ち家反対派が感じる持ち家のデメリット

持ち家(マンション含む)を買いたくない人が考えるマイホーム購入のデメリットはいくつかあります。

転勤を命じられた時の対応を考えるのが面倒

折角、家を買っても転勤の多い企業に勤めていたり、転職を予定している人は「不」動産は買いにくい。引っ越ししたら家を売るのか単身赴任するのか考えるのも億劫ですし、単身赴任しても家族と会えなくて辛いですよね。そもそも、そんな不安を抱えながら、家を買いたくないです。賃貸ならさっさと引き払って転勤先で家族とともに新しい賃貸物件を探せば良いでだけなので、賃貸の方が楽と考えてしまう。

ローンを返し続けられるか不安

今の年収がずっと続くのだろうかと不安になることはありませんか?今後、リストラに合わないとは言い切れません。また、今の会社を辞めて、賃金は安いけれど働きやすい会社に転職したくなるかもしれません。家のローンのせいで給料が下がるような職場への転職が心理的にできなくなるのもリスクでしょう。

地震・災害リスクがある

思いきって買ったとしても、次の日に地震が来て半壊…なんてことも考えられます。日本は地震がしょっちゅう起こる国。明日、大地震が起きてもなんら不思議ではありません。

賃貸は損なのか

持ち家にもデメリットはあるし、そのようなリスクを分かってはいるが、周囲から「持ち家の方が経済的に得」と言われると不安になりませんか?「自分だけ損をしているのではないか。周囲に置いていかれるのではないか?」と感じることもあるかもしれません。では、本当に持ち家の方が得で、賃貸の人は損をしているのでしょうか。

持ち家の方が賃貸より儲かるとの主張は半分正解、半分間違いです。正確には、「ずっと現金にしておくよりは得だけれど、株にしておくよりかは損」ですね。

(リターン小) 貯金<家<株 (リターン大)

つまり家を買った人より損をしたくないのであれば、株を買えば良いでしょう。

「不動産価格だけが上がって、株が低調な時もありますよね。そんな時は、家買っておけば良かったのでは?家買った同僚の方が儲かってるのではないかと不安になります。」という方もいるかもしれません。そんな時にオススメなのがREIT(リート)です。

REITとは?

REIT(real estate investment trust)とは不動産投資信託のことです。ざっくり言えば、多くの投資家から集めたお金で、世界中の不動産を買ってその売買益や賃貸収入を投資家に分配する商品です。実物不動産(=持ち家)には最低でも数千万投資する必要ありますが、こちらの商品は1万円から投資できます。

投資信託なので転勤になっても全く問題ないし、流動性も高く、売りたいときに売れます。1万円から購入できるので無理してローンを組んで買う必要もない、地震・災害時のリスクも比較的低いので安心です。先に述べた持ち家のデメリットを全て克服してくれているのです。

REITのデメリットは、個別の不動産と比べるとリターンで負ける場合があるということです。REITは複数の不動産を買った投資信託なのでリターンが平均化されます。また、信託報酬(0.3%〜0.6%)が毎年かかるのもデメリットです。家を買う=個別株を買うことでREITを買う=投資信託を買うことという理解で良いでしょう。

その他、そもそも不動産価格はこれから下がると思っている人はREITも持ち家も買わない方が良いでしょう。

まとめ

不動産価格が今後上がるかもと思っているけど、マイホームを買いたくない人にはREIT購入がおすすめです。REITでリスクを抑えながら、不動産価格上昇の恩恵にあずかれます。

不動産価格が上がれば、貯金するより持ち家の方が得する可能性はあります。しかし持ち家購入にはさまざまなリスクを伴いますので、リスクに見合ったリターンなのかを見極める必要がありますね。私は持ち家購入は貯金よりは得だが、株・債権・不動産に分散投資したポートフォリオよりは損だと考えています。