仮想通貨

スマホアプリ(takara)で仮想通貨を無料でGet!トークンを拾ったらビットコインもGetできる!?

ともよです。最近、仮想通貨が面白くて、いろいろ調べています。今回はスマホの位置ゲームでビットコインを拾えるアプリについてご紹介します。

スマホアプリ「takara」とは

takaraとはingrassやPockemonGoと同じ、GPSを活用した位置ゲームの一種です。仮想通貨保持者が地図上に仮想通貨を落とします。利用者は落ちている地点に実際に行くことで、仮想通貨を拾うことができます。

アプリの画面はこんな感じ↓

f:id:sakurA:20170814221009j:plain

ちなみにtakaraを使う前にIndieSquareというアプリ(仮想通貨のウォレットアプリ)を入れておく必要があります。

落ちている金額に応じてアイコンが変わります。ダイヤモンドのアイコンのものだと6400円以上のビットコインが落ちていることになりますね。(多分、かなり昔に落としたものが残っているんでしょうね。最近ビットコインの爆上げに価値が何倍にもなっているので。)

ビットコインの他にユーザが個人が自由に発行したトークン(≒仮想通貨)も落ちています。画面左上の”ビットコイン”と書かれているボタンをクリックすると表示できます。

f:id:sakurA:20170814222659j:plain

実際に拾いに行ってみた

“しゅうまい”さんのトークンが落ちていたので拾いに行ってきました。

天王洲アイル駅付近に落ちていました。5m以内くらいに入ったところで、自分の位置を表す丸アイコンが緑色になり、”拾う”ボタンを押せるようになりました。

f:id:sakurA:20170814222750p:plain  f:id:sakurA:20170814222949p:plain

スクショ撮り忘れましたが、この後、”ゴミ箱の正式名称”を入力する入力欄が出現。半角数字で答えを入力するように出てきていましたが、アルファベットも入力でき、無事、近くにあったゴミ箱アートの名前を入力してトークンGet!

GPS信号偽装による不正を防ぐために、現地に行かないとわからない質問を出すことが推奨されているので、ほとんどのビットコイン・トークンで受け取り時になんらかの質問に答えないといけないようになっています。中にはお店に入らないとわからないような質問もあるので、答えられそうな質問か確認してから行ってみるのが良いかと思います。

f:id:sakurA:20170814222717j:plain f:id:sakurA:20170814222815p:plain

IndieSquareアプリで見てみると、ちゃんと拾ったトークンが反映されていました。

ウォレットにはすぐに反映されましたが、実際にIndieSquareの取引所で取引できるようになるまでには30分くらいかかりました。

f:id:sakurA:20170814224026p:plain

SHUMAIコイン100枚とビットコイン0.00005BTCをGetしました。トークンをGetすると同時にわずかばかりのビットコインもGetできるようです。(このビットコインは落ちした人が払っている手数料)

ちなみにこのトークンはIndieSquareアプリ内の取引所でXCPという日本の有名取引所でも取引されている仮想通貨に交換できます。円表示されていることからもわかるようにトークンも立派なお金なんですね。

まとめ

私は元々、位置ゲーム大好き人間なので、位置ゲームでしかもお小遣いもらえるなんてなんと素晴らしいゲームなんでしょうと感激しました。

結構高額のビットコインもまだ残っているので、気になる方は行って見てください。運が良ければ¥5000くらい拾えるかも?

f:id:sakurA:20170814230952j:plain